child_top

子どもの成長とともに理想のカタチへとうながす矯正

専門医での矯正はどこが違う?

[矯正の現状]

最近増えている矯正は、取り外し式の装置を使って歯列を拡大したり、前歯の並びを改善する短期間の治療で、結果「費用も安く済む」と思われているようです。しかし小児矯正で重要なのは、身長が止まるまで顎骨の発育を長期的に観察することなのです。

[矯正専門医とは]

当院でも「短期間の矯正治療との違いは?」とご質問を受けます。日本矯正歯科学科専門医または認定医、いわゆる矯正専門医になるには、歯学部卒業後、大学病院の歯科矯正学講座もしくは矯正専門医院のもとでの研修と、少なくとも5年以上の修練と経験の積み上げが必要です。矯正はとても身近で気軽に受けられる治療になったのですが、専門技術と知識をもって取り組まないと、「矯正したけど治らなかった」という事態に陥り、当院に来院するという患者様もいらっしゃいます。もし、迷われた場合は、ぜひ専門医のカウンセリングを受けていただくと、その治療内容について納得されるのではないでしょうか。

なぜ長期的な治療が必要なの?

小児矯正はあごの拡大から始められるのが特徴で、理想の顎骨の大きさと上下の顎の良好なバランスへと成長を促すことを目指します。大切なのは成長期のスパートがおとづれる少し前にスタートさせ、下顎の成長=身長が止まるまで経過観察を継続すること。そして、「ブラケットをはずした後、また戻った」という話をよく耳にしますが、動かした歯はとても後戻りしやすいため、きれいな歯並びを達成したあとも、保定治療と親知らずのチェックを継続することが重要です。

スタート時期

小児矯正のうれしいメリット

「歯並びをキレイにしたい」との想いから、治療を始められる方が多いのですが、美へのメリットはもう一つ。成人の理想的な横顔「Eライン」へと成長を促していくことが可能なのです。これは顎の発育を促進する小児矯正だからできること。この治療目標は矯正医にとってとても重要な1つといえます。

ケースによって器具はいろいろ

急速拡大装置
上顎骨の小さい子に、自身の成長を大きく促進させるキッカケを与えます。
下顎拡大床
下顎が小さく、歯と顎の不調和によって内側に倒れた歯を起こしたり、スペースを確保する為の装置です。
アクチバトール
下顎骨が後退している子に、前方へと下顎の成長を促すと同時に、出ている上の歯を引っ込めることが出来ます。
エッジワイズ
顎を拡げた後に、部分的に前歯の並びを整え、咬み合わせに影響する歯並びを改善します。

ティーンエイジャーの矯正

適正なスタート時期を逃してしまった10代のお子様も、ぜひご相談ください。この場合、顎の拡大から治療をスタートできるか、手根骨で検査します。すでに永久歯列の方は、全顎治療のスタンスですが、患者様によって治療は異なります。また目立ちにくいセラミック製装置と白いワイヤーは、この世代に人気です。

手根骨とは

手の全体のレントゲンを撮影し、主に第三指(中指)の第1・2・3関節と手首の骨の分析を行うことで、成長期の患者様の骨年齢を割り出します。暦の年齢と比較して成長スパート時期が早いかどうかを推測し、最終身長と下顎の成長量を予測して、第Ⅱ期治療の治療予測を立てるために有効な手段です。

症例案内