Dr.古谷直樹 経歴と主な活動

1988年 朝日大学歯学部卒業
1988年 大阪歯科大学歯科矯正学講座入局
1989年 西宮市:中西矯正歯科、京都市:山脇矯正歯科、川西市:畑矯正歯科の矯正専門医にて研修開始
1992年 米国 アリゾナ州:Teed Foundation Orthodontic course修了
1993年 大阪府河内長野市:《古谷矯正歯科》開設
1993年 日本矯正歯科学会:認定医取得
1994年 米国 南カリフォルニア大学:USC Dr.Dourgherty course 3年間program修了
1997年 Roth/Williams Center for functional Occlusion
Inc.
2年間コース修了
2000年 パリ Paris V大学医学部:(リンガル矯正)Dr.Fillion を師事〜現在に至る
2001年 大阪 第480回大阪歯科学会にて学位論文 研究発表
「歯列弓内側からの矯正治療における上顎中切歯の移動様式に関する研究」
2002年 大阪歯科大学歯科矯正学講座専攻課程修了 歯学博士号取得 嘱託指導医
2002年 京都 第14回日本舌側矯正歯科学会にて研究発表
2004年 バルセロナ 第6回ヨーロッパ舌側矯正歯科学会:ESLO Active member(認定医)取得
2005年 日本舌側矯正歯科学会:JLOA Active member(認定医)取得
2006年 日本矯正歯科学会:第1回 専門医取得
2006年 ニューヨーク 第1回世界舌側矯正歯科学会:WSLO Active member(認定医)取得
2008年 カンヌ 第8回ヨーロッパ舌側矯正歯科学会:ESLOにて講演
2008年 パリ Paris V大学医学部:リンガル矯正コースにて講演
2008年 SJCD 東大阪市:本多正明先生 第1回「矯正医のための臨床的咬合理論」受講
2009年 日本舌側矯正歯科学会:JLOA 副会長就任
2009年 東京 第21回日本舌側矯正歯科学会:JLOAにて講演
“Cases treated with asymmetric extraction using lingual appliances”
2009年 ボストン  アメリカ矯正歯科学会 AAO 参加
2010年 大阪市 西梅田:《Nao歯科・矯正歯科》開設
2010年 ワシントン アメリカ矯正歯科学会 AAO 参加
2010年 ロンドン  第9回ヨーロッパ舌側矯正歯科学会 ESLO
2010年 大阪歯科大学歯科矯正学講座主催 USC Prof. Samejima course First program 受講
2011年 大阪 第4回世界舌側矯正歯科学会 Chief Secretary of congress
2011年 東京 日本舌側矯正歯科学会 アクティブメンバー委員会 審査委員
2011年 ロサンジェルス USC Prof. Samejima course Second program 受講

※舌側矯正とは歯の裏側(リンガル)からの矯正治療のことをいいます